Rate IMAX website

Thank you. We value your opinion and appreciate your feedback.

フル・デュアル4K

フル・デュアル4K

専門用語では、画像の幅と高さの比例関係をアスペクト比と言います。現在のほとんどの映画は、シネマスコープ(2.40:1)と呼ばれるアスペクト比で上映されています。これは1953年の映画製作で決められたことですが、現在もまだ標準になっています。映画がシネマスコープで上映されているとき、映画はトリミングされ、映画のカメラが撮影した画像の一部しか使用していません。これが通常のスクリーンは非常に幅広であるものの、高さが足りない理由です。それはまるで、狭い隙間から世界を見ているようなものです。

IMAXは旧来の型を破りました。当社は映画製作者にIMAXでの上映のために彼らの映画のアスペクト比を拡大する能力を提供しているため、彼らは、最初に撮影された画像をより多く活用できます。極端に高い解像度のIMAX®カメラ(最大IMAX® 1.43:1が可能)による撮影を通した製作(IMAX映画ファンに標準的な映画よりも最大40%増の画像を提供)、または撮影後の過程(最大IMAX® 1.9:1が可能)でのより多くの画像の保護(IMAX映画ファンに標準的な映画よりも最大21%増の画像を提供)のいずれかでそれが可能です。

そして、単により大きいだけなく、曲線状にもなっていて、幅に対してより高く、通常のスクリーンよりも観客により近く配置されているIMAX®スクリーンにこの画像が投影されると、他の映画体験以上に観客の周辺視野を満たす完全なパノラマビューが実現します。そういうわけで、観客がIMAX映画を鑑賞するとき、それは自分の周りにあるように感じられます。

IMAXのアスペクト比は、IMAX Experience®が大きく異なっている、つまりなぜ単に見ているだけでなく、アクションの内部にいるような感じがするかの理由の一つにすぎません。