Rate IMAX website

Thank you. We value your opinion and appreciate your feedback.

劇場構造

IMAXシアターの明白な違いは、巨大スクリーンです。それは文字通り、フロアから天井まで、また壁から壁まで広がっています。しかし、それは氷山の一角にすぎません。実際、スクリーンは単により大きいだけでなく、形状もまた違っています。つまり、より広くなるとともに、より高くなり、また曲線状にもなっています。これにより、どの席からでも没入体験が可能になります。スクリーンの素材もまた異なり、より反射する、より明るいスクリーンになっています。

次に、当社が劇場構造と呼ぶものがあります。これは観客席の形状と座席の配置方法のことを指しています。ほとんどの映画館の観客席は、最大の人数を収容するために長くて狭く、観客にとってスクリーンは遠くに離れています。IMAXシアターの際立った形状は、観客にとってスクリーンがより近くなるだけでなく、それに関連してより良い場所になるよう設計されています。その結果、画像は視界よりも広くまた高くなり、映画に没入できます。なぜなら、画面の端がわからないからです。そして、それは次に観客に自分がアクションの一部である感覚、シーンを覗いているだけでなく、スター達ともその場にいる感覚をもたらします。

映画における最後の部分は、IMAXの特許取得済みデジタルリマスター加工と投影システムです。観客がスクリーンによりいっそう近づくため、映画はよりシャープになる必要があります。実物よりも大きな場合でも同じことが言えます。このことにより、端から端までよりシャープかつより明るい映画を生み出す、カスタムデジタル投影システムにより上映される向上したコンテンツ(実際はその2つのセット)が必要になります。そして観客の目はより明るい画像、およびよりシャープな画像を知覚するため、それが重要になります。