Rate IMAX website

Thank you. We value your opinion and appreciate your feedback.

社史

社史

モントリオールでのEXPO ‘67でカナダの実験的映画製作者の小グループが集まり、マルチスクリーンの映画インスタレーションを製作したときに、すべてが始まりました。そのインスタレーションは、コンテストの一環で、初めて真の大画面映画の体験を生み出しました。映画製作者は、9つのプロジェクターを同時に同期させることによりそれを行いました。それは技術を要する膨大な課題でした。そして、彼らがそれを成功させると、後日IMAXとして知られるようになる会社を立ち上げたその野心的なチームは、「より良い方法はなかったか?」という別の質問に直面しました。

答えはもちろん「イエス」です。しかし、そこに到達する前に克服すべき多数の課題がありました。次の3年間でIMAXの技術が生まれ、そのすばらしいカメラ、プロジェクター、およびドーム型スクリーンシステムが大阪でのEXPO '70で公開されました。

IMAXの最初の一般への導入は、会場のかなりニッチなセットがターゲットでした。特設のシアターが設計され、博物館、科学センター、および象徴的な商業地に設置されました。最初の永続的IMAX投影システムは、1971年にトロントのオンタリオプレイスのシネスフィアに設置され、トロントの歴史に関する映画を上映しながら、そこで稼働しています。その他の場所では、グランドキャニオンの探査、深海潜水、または宇宙旅行など、会場の性質に合った映画を上映しています。IMAXは決して停滞することなく、IMAX DomeおよびIMAX 3Dを含む新しい技術の革新により、すぐに拡大しました。

IMAXは1994年に上場しました。また同時期に、ハリウッドコンテンツで成長の可能性を見出し始めました。IMAXは、このような並外れた力のドキュメンタリーを製作できるのに、実写版フィルムに対して同じことができないことはありません。同社は、試しに北米全土の複合型映画館内に2、3のシアター(ニューヨークシティのリンカーン スクエアの最初のシアターを含む)を建設しましたが、野心的な新しいビジネスモデルはすぐに困難に陥りました。2人のIMAXの創設者であるグレアム・ファーガソンとローマン・クロイターはまだ、IMAXのスクリーンで上映されている映画の大半を製作していました。彼らとその他のごく一握りのIMAXのプロデューサーは、複合型映画館の利用可能な時間枠すべてを満たすのに十分なIMAX映画を製作できませんでした。その間、ハリウッドは、より多くのシアターが建設されるまで、IMAXの映画を製作しませんでした。IMAXは古典的な「ひよこが先か卵が先かという (=因果関係の分からない)」問題に直面しました。

これを解決するために、IMAXは実験室に戻り、DMR(デジタルリマスター)と呼ばれる革命的な新技術を発明しました。これは、すでに強力なハリウッド映画を息を呑むようなIMAX超大作に変える加工作業です。これによりIMAXは、ディレクターと協力して多数の方法で映画を向上させ、ほとんどすべてのフレームの彩度、コントラスト、明るさ、および数十のその他の変数を変更することができました。つまり、スタジオは、最も刺激的な映画をよりいっそう刺激的なIMAX映画に変えることができたのです。このテクニックを適用した最初の映画は『アポロ13』でした。この映画は、最初の公開の後何カ月間も莫大な喝采を浴びました。その後、ハリウッドとIMAXとのタッグが花開きました。

その後のことは周知の通りです。今日、IMAXは世界中に進出しています。その新しいデジタル投影およびサウンドシステムは、膨らみ続ける超大作映画の予定表と組み合わさり、北米、西洋、および日本などの確立された市場に加えて、中国やロシアなどの新興市場でのIMAXネットワークの迅速な拡大に拍車をかけています。IMAXは今、クリストファー・ノーラン、ジェームズ・キャメロン、ティム・バートン、およびマイケル・ベイのような映画監督と提携し、アバター、ダークナイト ライジング、アリス・イン・ワンダーランド、およびトランスフォーマー/ ダークサイド・ムーンなどの映画を発表しています。